気になるほうれい線を消すことで、より若く見える

黒縁メガネ

しわとの違い

ほうれい線としわの違いについて、詳しく説明していきます。
ほうれい線は小鼻から口角の上まで続く溝であり、口角からあごにかけて操り人形のようなしわのことを「マリオネットライン」と呼びます。
この2つとも加齢により発生します。これらの間にあるしわが「笑いじわ」です。

ほうれい線は顔のたるみが原因で起こる症状ですが、そのたるみには様々な種類があります。
そのたるみの種類により、ほうれい線の消し方や対処法は異なってきます。そのため、自分がどのたるみに当てはまるかについて調べることが大切です。
ここではまず、たるみの種類について詳しく説明していきます。

たるみには大きく分けて4つの種類があります。
皮膚のハリが不足したことにより、たるみが発生します。皮膚の中には真皮層という部位があります。
しかし、人は加齢とともにこれらの物質量は減っていきます。そのため、コラーゲンや真皮層は劣化が始まり真皮層が表皮を支えることが難しくなり真皮層は縮んでしまいます。
また、毛穴も開いてしまいます。
このようなたるみが原因で起こるほうれい線を消すために、「タイタン」という機械を使う方法があります。
真皮層のさらに下に近赤外線を当てます。さらに熱を加えてコラーゲンが収縮しやすいように変化させます。
この方法でほうれい線を消すのには大きなメリットがあり、長期的な視点で見るとコラーゲンの生産作用も促します。
そのため、しわの改善や毛穴の引き締め効果もあります。

脂肪繊維がたるむことによって生じるほうれい線もあります。
皮膚や骨と脂肪層をつないでいる繊維があります。
脂肪の重みに堪えられなくなってしまうと、重力で脂肪繊維が下に落ちてしまいたるんでしまいます。そのため、真皮層や骨、脂肪層がまとまって下に下がってしまいます。
そのことにより、顔がたるみほうれい線が生じてしまいます。
このことが原因でたるみが生じてしまった場合は、「サーマクール」という機械を使ってほうれい線を消す治療を行います。
サーマクールでは、高周波の熱エネルギーを利用します。この熱エネルギーを顔に当てます。
そのことにより、皮下深部にある脂肪が引き締められる効果があり、ほうれい線を消すことができます。
この治療法は、現在ほうれい線を消すための治療法の中では一番ポピュラーです。そして、人気があるほうれい線を消す方法として多くの人が実施しています。
ほうれい線を消すといえばサーマクールと言われているほど有名です。