気になるほうれい線を消すことで、より若く見える

黒縁メガネ

原因について

ほうれい線は誰にでもあります。ですが、自分の努力次第で消すことも可能です。
ここではどうしてできてしまうかというその原因について詳しく説明していきます。

ダイエットによって痩せたり太ったりを繰り返していることも原因の1つになります。
丸顔や猫背、日焼けをしていることも関係します。また、口が半開きになっていることも起因します。
首のこりや肩こりがひどいことも関係しています。
食事をする際に、どちらか一方だけで食べていることも影響しています。
長時間パソコンをすることが多く、前屈みの姿勢でいることもその理由の1つです。

もともと丸顔で頬が柔らかい人は、頬の筋肉が少なく頬が下に落ちやすいです。また、ダイエットで痩せたり太ったりを繰り返していることで体内の皮下脂肪が減り皮膚がたるむことでほうれい線ができる原因となります。
また、長時間パソコンを使い前屈みの姿勢でいる時間が長くなればなるほど、重力に逆らうことができず頬はたるみます。
肩こりや首のこりがひどい人は、肩から背中にかけての筋肉が固くなっていて顔の筋肉も固くなることが多いです。
それは、頭と顔と体の筋肉はつながっているからです。
口が半開きになりやすい人は、口の周りの筋肉が衰えている可能性があります。口の周りやあごの筋肉が衰えることにより、頬の筋肉を下から支えることが難しくなります。
片方の口だけで食事をしていると、顔のバランスが左右で崩れてしまいます。

現代人は以前と比べると固い物を食べる習慣が減り、柔らかい物を食べる傾向にあります。また、核家族化が進み家族同士での会話や仕事や学校でのコミュニケーションの機会も減っていることも減っています。
また、学校や仕事、プライベートでもパソコンを使い機会が増えています。
そのようなことが原因となり表情筋が使われず頬の筋肉がたるんだり、首や肩の筋肉が凝り顔の筋肉まで固くなったりするケースが多いです。
そのため、最近では若い人でもほうれい線が目立っているがたくさんいます。

ほうれい線があることで、現在の年齢よりもプラス5歳から10歳に見えてしまいます。
そのため、ほうれい線を消すことでその反対で現在の年齢よりもマイナス5歳から10歳ほど若返って見えます。