気になるほうれい線を消すことで、より若く見える

頭を抱える女性

しわがあることで

顔はその人の印象を一番表わします。顔にしわがあると、実年齢よりも上に見られることもあります。
人間の顔の様々な部位にしわはあります。目の周りや口周りにしわは存在します。
その中でも、特に目立つしわが「ほうれい線」です。ほうれい線は、小鼻から頬の下側に向けて伸びているしわのことをさします。
ほうれい線の原因について、詳しく説明していきます。ほうれい線ができるのは、頬の筋肉の衰えが関係しています。
筋肉は使われずにいるとたるんでしまいます。ほうれい線は頬の筋肉のたるみが原因となります。ほうれい線を放置しておくと、年齢を重ねるごとにどんどん顔に深く刻まれていきます。
ほうれい線はメイクによりある程度薄くすることはできますが、完全には隠すことができません。そのため、ほうれい線の対策には他の方法を考える必要があります。

最近では、年齢問わずヒアルロン酸注射が人気です。
それらの注射を打ってもらうには、美容整形外科に通う必要があります。美容整形外科は、全国各地に存在します。
美容関係の雑誌を見て、美容整形外科のお店を調べることも可能です。また、インターネットを使ってお店を調べることも可能です。
全国展開している美容整形外科もあります。そこでは、全国どこでも同じ技術を受けることができます。
以前はしわの解消のためにコラーゲン注射が使用されることが多かったのですが、最近ではヒアルロン酸が使われることが多いです。
コラーゲンは主にタンパク質により構成されており、三大栄養素の1つでもあります。しかし、アレルギーを引き起こす原因となる物質でもあるため、コラーゲン注射を行う際は事前にテスト注射を実施しアレルギー反応が出ないかどうかを調べる必要があります。
これに対して、ヒアルロン酸注射の場合はそのような心配はありません。ヒアルロン酸はアセチルグルコサミンとグルクロン酸が結合することによりできた高分子の糖であるため、アレルギーが発生する心配はありません。
ヒアルロン酸は体の中にある肌の潤いやハリを保つ成分ですが、年齢を重ねるにつれてその絶対量は少なくなっていきます。
40歳に差し掛かると、20歳の頃の半分程度しかありません。また、60歳に到達すると、40歳の頃の半分になります。
そのため、肌のヒアルロン酸が少なくなることにより肌の老化が始まり、ほうれい線が目立ってしまう恐れがあります。
ヒアルロン酸注射では、しわの溝に下にヒアルロン酸を塗り肌の内側からしわの溝を復元します。
ヒアルロン酸注射を行う際に痛みを気にする女性も中にはいます。そのような女性のために、注射を行う前は肌を冷やします。また、針の先端部分が丸くなっている針を使用することで痛みを抑える効果が期待されます。

ほうれい線を消すためにヒアルロン酸注射を行う際は、美容整形外科の専門医が事前にカウンセリングを行います。
そして、注射の際は針を刺す際に痛みを抑える麻酔と、ヒアルロン酸を注入する際に生じる痛みを軽減させる2つの麻酔を使います。
その後ヒアルロン酸を注射器と使い注入します。
施術が終わった後は、そのまますぐに帰ることができます。その日にシャワーを受けても特に問題はありません。
痛みや腫れもほとんどないため、特に周囲から何か言われるような心配はありません。

  • 原因について
  • しわとの違い
  • 様々な治療法